Loupe Holederica

Contact

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

 “ルーペホレデリカ”は、ヨコイマウの音楽、絵、映像、その他の制作活動全般をアーカイブするためのプライベートレーベルで、発足以降に制作したCDや関係者に配布するために制作されたライブ映像のDVD、印刷物など、販売品や非売品に関わらず“LPHK”ではじまる四桁の数字がナンバリングされている。ヨコイマウ個人のためのレーベル“ルーペホレデリカ”の作品の通し番号という意味もある。ここでは今まで制作したをアイテムを紹介する。

 今後、過去に販売されて現在廃盤となっている作品(ホレデリックサーカス、ぷぅの屋根)や未発表音源なども、装丁を新たにライブラリーに加えていく予定である。

 また、一部作品のメールオーダーも受け付けている。

“ルーペホレデリカ”レーベル・ラインナップ

ルーペホレデリカ vol.1 テクノと朗読

 2014年9月27日、“ラグリグラ劇場”で行われた、芝居小屋GIGの様子を収録したDVD。

 テクノがコンセプトで行われたライブの一幕で、ヨコイマウは、“ルーペホレデリカ”名義で出演、朗読とテクノポップを組み合わせた実験的なステージを披露した。関係者用に作られた非売品DVD。

トラックリスト
① アルマジロケット
② 黄色い雲
③ 月の姫>
④ アルパカ忍者
  • 2014.12.5 Release
  • DVD-R 非売品
  • LPHK0005

ぷぅの屋根 ふしぎバンドぷぅ

 2011年10月10日、“レストランのや”で行われた、ぷぅのワンマンライブ“ぷぅ屋根”からオリジナル曲を集めて収録したCD。

 約1年のリハ期間を経て行われたこのライブは、スズエダスズエによるメンバーをデザインしたオリジナル手描きTシャツを衣装として着用し、“アヤシイ砂漠の商人と取引しているような夢の夜(北村郷子氏ブログより)”と評される摩訶不思議なステージを展開し観客を湧かせる。

トラックリスト
① こんばんは、ぷぅです
② 亜熱帯の恋
③ ジャバラ姫
④ ふたごのうた
⑤ 半分世界
⑥ ヒミツドリーミング
⑦ 千歳飴
⑧ そうじゃのこうなるいつか
⑨ アルパカ忍者
⑩ メンバー紹介
⑪ ヒマヒマの穴
  • 2014.6.1 Release
  • CD-R 1,200円
  • LPHK0004

もう帰って来たョ。そろそろソロ?

 2014年1月5日、“小樽 洋食台処なまらや”で行われた、中村チン(歩)、スズエダスズエ、成田妻、がんこちゃんによるソロライブ“もう帰って来たョ。そろそろソロ?”の様子を収録したDVD。

 ふしぎ昭和歌謡バンド“すずえだん”で活動するスズエダスズエが、Jack in the box周辺でおなじみの濃いメンバーを集め、それぞれがソロを演奏するというライブ企画。2013年10月(札幌 Jack in the box)に引き続き二回目となるこのライブ、全員がかなり腕を上げ、それぞれの世界感を存分に披露し観客を魅了した。ヨコイマウは映像記録スタッフとして参加した。出演者に配布するために作られた限定四枚の非売品DVD。

スズエダスズエ
 札幌在住。アコーディオン弾き・イラストレーター。自らのバンド“すずえだん”で昭和歌謡やフォーク、ニューウェーブなどのカバー曲を演奏する。また、“chobico”という手描きTシャツのブランドを立ち上げ行商やイベントなどで販売活動もしている。
中村チン(歩)
 札幌在住。笛吹き・アコーディオン弾き・造形作家・木工職人。スズエダスズエと“ジャバラ”というバンドで活動していた。手作りのかぶりものを装着して笛を吹くなど奇妙キテレツな演奏スタイルをとる。
成田妻
 札幌在住。馬頭琴弾き。モンゴルの伝承曲などのカバー曲を演奏する。
がんこちゃん
 小樽在住。洋食台処 なまらやオーナー・ギター弾き。ギターをはじめてまだ少ししか経っていないがこのライブでかなりの上達ぶりを披露した。“あかね(パスカルズ)”のカバー曲を中心に歌う。
  • 2014.1.25 Release
  • DVD-R 非売品
  • LPHK0003
  • ©ルーペホレデリカ / ©スズエダスズエ
    ©中村チン(歩)/ ©成田妻 / ©がんこちゃん

銀河鉄道の夜

 劇団コヨーテ第三回公演“銀河鉄道の夜”のために作られた音楽をリアレンジし再録音したCD。

 劇中で使われていたものとは違うアレンジや構成に仕上がっている。変拍子とアコースティックとテクノ、見世物小屋やアンデス民謡などの様々な要素が混在した、ノスタルジックで奥行きのある幻想四次の“銀河鉄道の夜”が表現された一枚となっている。CDに収録された各曲の紹介をライナーノーツで読むことが出来る。

 ジャケットイラストも今回のCDのために、ヨコイマウの手により新たに描き下ろされた。ボーナスとラックとして、新たにアレンジされた“ほしめぐりの歌α〜マウデモバージョン”も収録されている。

トラックリスト
① 天川
② 活版所
③ トシ子 [試聴する]
④ ケンタウルス祭
⑤ ふくろう時計
⑥ ケンタウルス祭
⑦ ほしめぐりの歌α
⑧ プリシオン海岸
⑨ 鳥捕り
⑩ 春と修羅
⑪ タイタニック
⑫ 賛美歌320番
⑬ 人形劇
⑭ 家路
⑮ ほしめぐりの歌β
⑯ さよならカムパネルラ [試聴する]
⑰ ほしめぐりの歌α〜マウデモバージョン
  • 2014.1.25 Release
  • CD-R 1,200円
  • LPHK0002
  • ©ルーペホレデリカ / ©劇団コヨーテ

スズエジャンと沼娘

 2013年10月27日、“札幌 レストランのや”で行われた、スズエジャンと沼娘(ぬまっこ)のジョイントライブ“スズエジャンと沼娘”の様子を収録したDVD。

 冬も近い10月末の札幌で、まるで沼の中にいるような熱気に包まれた摩訶不思議なライブが行われた。スズエジャンの三回目となるライブは、関西からやって来た沼姉妹“沼娘”とのジョイントライブ。ほっかむりで埋めつくされた会場で絶妙な沼ワールドが繰り広げられた。出演者や関係者に配布するために作られた非売品DVD。

スズエジャン
 ふしぎ昭和歌謡バンドの“ずずえだん(スズエダスズエ、横井まう)”と、ユダヤの民族音楽クレツマーを中心に演奏する“ビロビジャン(小松崎健、長崎亜希子)”による合体ユニット。“百万円(二村定一)”から“Golden Wedding”へのメドレーはスズエジャンでしか聞けないレパートリーとなった。長崎亜希子の踊るクラリネットもスズエジャンに新境地をもたらした。
沼娘(ぬまっこ)
 テルミンと歌の“浮泳(ふえい)”とクロマチックアコーディオンと歌の“千泳(ちえい)”の姉妹によるユニット。2009年秋にふとしたことからライブをはじめ、その後気まぐれな活動を経て、2011年初夏、ついにCDデビュー。日本各地、いや世界中に沼人間を増殖させる予定。
  • 2013.10.30 Release
  • DVD-R 非売品
  • LPHK0001
  • ©ルーペホレデリカ / ©沼娘